ひとつの生命を救うために,あなたができること。

骨髄バンクにご登録ください。

あなたを待っている人がいます

骨髄バンク事業の基本理念

 善意のドナーの方から自由意思に基づいて提供していただいた健康な骨髄液によって、白血病など血液難病の患者さんを、広くしかも公正に救うことが骨髄バンク事業の基本理念です。

 

骨髄バンク事業の現状(平成22年12月末現在)
1.骨髄提供希望者(ドナー)登録現在数 

376,237人

2.患者登録 現在数 

2,879人

3.非血縁者間骨髄移植実施数 (累計数)

12,498例

月  別

平成22年11月 平成22年12月
1.ドナー登録数  3,339人

2,952人

2.患者登録数  242人

256人

3.骨髄移植実施数 92例

82例

 

命のボランティア、ドナー登録

骨髄移植とは、白血病や再生不良性貧血などの病気によって、正常な造血が行われなくなってしまった患者さんの骨髄幹細胞を、健康な方の骨髄幹細胞と入れ替える(実際は骨髄液を点滴静注する)ことにより、造血機能を回復させる治療法です。 

日本では「骨髄バンク事業」が1992年から開始され、これまでに多くの患者さんを救う実績をあげています。しかし、日本の骨髄バンクで骨髄移植を必要とする患者さんは、毎年少なくとも2000人程度です。一人でも多くの患者さんを救うためには、一人でも多くのドナー登録が必要です。 

ドナーを待つ患者さんにとっては、あなたの登録が、大きな希望になります。 
 
ドナー登録条件

ドナー登録できる方

骨髄提供の内容を十分に理解している方

年齢が18歳以上、54歳以下で健康な方 

体重が男性45kg以上/女性40kg以上の方 
 
※骨髄を提供できる年齢は20歳以上、55歳以下です。

 ⇒適合検索が開始されるのは20歳からです。
 ⇒コーディネートの対象とならなかった方は、満55歳の誕生日で登録取り消しになります。
 ⇒登録した日(採血日)の年齢が54歳で、満55歳の誕生日までの期間が10日間以内である方は、
  適合検索の対象とならない場合があります。HLA型の検査結果などが
  データベースに登録されるまでに最長10日間を要するためです。

※ドナー登録後の健康状態によっては、コーディネートを進めることができないこともあります。

※骨髄提供にあたっては家族の同意が必要です。


ドナー登録できないケース

ドナー登録できないケース
1.病気療養中または服薬中の方
 特に気管支ぜんそく、肝臓病、腎臓病、糖尿病など、慢性疾患の方 
2.以下の病歴がある方
 悪性腫瘍(がん)、膠原病(慢性関節リウマチなど)、自己免疫疾患、
 先天性心疾患、心筋梗塞、狭心症、脳卒中 
3.悪性高熱症の場合は、本人・ご家族とも病歴がある方 
4.最高血圧が151以上または89以下の方、最低血圧が101以上の方 
5.輸血を受けたことがある方、貧血の方、血液の病気の方 
6.ウイルス性肝炎、エイズ、梅毒、マラリアなどの感染症の病気の方 
7.アレルギーがある方
 食事等により呼吸困難などの症状が出たことがある方や、高度の発疹の既往がある方 
8.椎間板ヘルニア等で腰に手術を受けたことがある方 
9.過度の肥満の方(体重kg÷身長m÷身長mが30を超える方) 

ホームページへ戻る