地盤調査の役割
    建設事業にとって地盤調査は、必要不可欠なものです。
  構想、計画 ・ 測量 ・ 調査 ・ 設計 ・ 施工および維持管理という建設事業の流れにあっては、
  地盤調査は調査段階における中心的役割を果たすだけではなく、各建設段階においても、
  重要な情報を提供する役割を担っています。


 現位置試験 (1〜3)
 1)標準貫入試験
    孔底を利用する試験で土の硬軟や締り具合の相対値の測定と
   乱した資料の採取を目的とします。
 2)孔内水平載荷試験(LLT)
    孔壁を利用する試験で、地盤の変形係数と強度特性を
   求めるものです。
 3)現場透水試験
    回復法や注入法により非定常状態での地下水挙動から
   透水係数を求めます。


 塩ビ管挿入作業
地下水の上昇変化と区間内の水の量を計測する作業。
 パイプ歪計設置作業
地滑り等の地盤の歪を見るため、歪計を埋め込み
観測出来るようにします。
 
 
HOME 会社概要 業務紹介1 業務紹介2 トピックス 地域情報リンク集@CHristy
NAKAZAWA BORING Co., Ltd