明治初期のガス灯
   明治”に触ってみませんか?

 このガス灯は、明治初期のもので、当時は『点灯夫』と呼ばれる人が、夕方になると長いさおを片手にガス灯からガス灯へ火をともして歩いた。
 ガス灯のポール部分は、東京小平の「ガス博物館」入口にあるものを基に設計し、腕利きの職人が木彫り・ペンキ塗装の仕上げをしたものである。
 日本では、1872年(明治5年)、横浜の外国人居留地に設置されたものが最初で、その後、1887年(明治20年)に、東京で電気の送電が始まると、照明としてのガス灯はすたれてしまった。
 ガス灯は、横浜・東京・神戸と様々な形があり、それぞれに趣がある。(当資料館のガス灯は横浜仕様)
 今では、ほとんど見ることのできないガス灯も、明治の貴重な遺産の一つである。
 あなたも”明治”に触ってみませんか?