郵便差出箱(1号丸型)

        譲与者  信越郵政局
             新潟中央郵便局


 明治40年代に初めて登場して以来、親しまれてきた1号丸型ポスト(鋳鉄製)は、昭和45年に製造中止となり、順次「角型」に取り替えられ、やがて消える運命にある。
 郵政当局は、郵便事業に理解を深めてもらうため、不用になった丸型ポストを譲与することになり、このポストもその趣旨により、昭和59年12月18日、当資料館に譲与されたものである。
 なお同型のポストは、県内の10施設に譲与されている。