資料館の活動状況◆
Page2 大和小でも社会科の授業!





 『民俗資料に見る安田町の歴史』と題し


 町の歴史や自然環境についての総合学習の授業を依頼され、2月4日、安田中学校の教壇に立つことになった。
 授業を受ける生徒は、一年生128人ということで、民俗資料50点ほどを段ボールに積め込んで出かけた。
 久しく教壇に立つことのなかった私は、少し緊張しながら教室に入ったが、熱心な生徒たちの顔を眺めているうちに、いつの間にか、緊張もほぐれていた。
 内容は、自然の地形を生かし、地域ごとに発展した町の産業である窯業、漁業、農業、林業などを民俗資料を見せながら説明した。 
  安田町は、その昔「舟運の宿場町」として栄えた。生徒たちは、その名残である地名や渡し舟・イカダなどの話に目を輝かせ、熱心にメモをとっていた。
最後に、戊辰戦争の戦場にもなった安田町の様子などにも、少し触れることができた。
 限られた時間の中で予定したものすべてを説明することはできなかったが、この授業が、郷土の歴史や文化の学習の一助になれば幸いである。
  

興味深そうに聞き入る生徒たち





 楽しいらくがきが刻まれた安田瓦
   七輪の蓋に店のマークが…       はんばき脱ぎの由来のきゃはん